腰痛を悪化させないマットレスは体圧分散に優れたもの!でもそれってどうして?

腰痛というのは辛いものです。

怪我とかが原因の腰痛もですし、加齢による腰痛ももちろんです。

起きている時に悩まされた腰痛、さてやっと休めると寝てみたら、寝ていても腰痛、朝起きたら腰痛、これでは泣くに泣けません。

これったやはりマットレスに原因があるのでしょうか。

マットレスが原因の腰痛はどこから

マットレスは何によらず、過ぎない、ということが大事です。

柔らかすぎないし硬すぎないということが、マットレス選択時の最も基本とするところなのです。

何故かと言うと、柔らかすぎるマットレスの場合、最も重い腰の部分が際限なく沈み込んでしまうからです。

腰が沈めば、横から見た身体の形はくの字になってしまいます。

腰が折れ曲がった状態で、寝ていることになりますね。

これは腰痛の原因にも、腰痛の悪化にもつながってしまいます。

では硬すぎるマットレスはどうでしょう。

こちらの場合今度は、腰の部分が沈んでくれないので、身体が反ったままで寝ることになってしまいます。

ヒップの部分の出っ張りが沈んでくれないので、自然身体がアーチになってしまうのです。

起きている時の背伸びは気持ちのいいものですが、寝ているあいだじゅうずっと反っていては、これは腰の部分に負担が大きく来ますね。

腰痛悪化にも、腰痛の原因にもなってしまいます。

硬すぎず柔らかすぎないに加えて

使用者の体重などによっても、マットレスの硬さには違いが出てきます。

体重の重い人にちょうど良い硬さのマットレスの場合、体重が軽い人には身体が沈み込まず、身体はアーチになってしまいます。

逆の場合だと、体重の軽い人にフィットするマットレスは、重い人だと腰が沈み込みすぎます。

使用者の状況によっても、使い分けが必要だということです。

またずっと使用しているマットレスも、体型などに変化があった時は本当は変えたほうがいいのです。

そしてもちろんこれらに加えて、体圧分散できる素材のマットレスの使用は、腰痛にも非常に効果的です。

体圧というのは、最も重い腰の部分にかかってくるのが普通です。

しかしこれを体全体に振り分けられれば、腰の部分への負担も減りますね。

腰痛の悩みを持っている人の場合、この体圧分散機能は必須になります。

なぜ体圧分散機能が腰痛の人のマットレス選びにおすすめなのか

体圧分散の場合も、まずは自分に合った硬さのマットレス選びからする必要があります。

人によっては、低反発素材などのほうがうまく分散されますが、一般的には高反発素材のものが体圧分散に優れていると言われます。

でもどうしてこれ、必要なのでしょう。

腰だけに体重が集中しない

腰に体重がかかりすぎたりすれば、腰痛が起きて当然ということになります。

特に柔らかすぎる素材の場合、この体圧分散がうまく出来ないことが多くあります。

腰が沈み込みやすいからですね。

特に体重の重めの人の場合、体圧分散させるためにも少し硬めのマットレスがおすすめです。

体重の軽めの人の場合、硬めの低反発素材や柔らかめの高反発素材などがおすすめになります。

ヒップの部分が沈み込みすぎず、でもそれが邪魔して反り返らないと言う、背骨のS字カーブがきちんとキープできている状態が、好ましいということです。

寝返りは打つのが睡眠に良い

昔は、寝相が悪いなどの一言で片付けられてきた、寝返りです。

今では、きちんと寝返りが打てることが熟睡には必須のことと認識されています。

この寝返りを打ちやすいというのも、実は腰痛にも関係してきます。

仰向けに寝たままではどうしても、いくら体圧分散させていても、腰に重さは集中します。

なので寝返りをうつことによって、腰痛も回避できるのです。

この寝返りを打ちやすい素材や硬さのマットレスであるのはもちろん、選択の時に考えておかなくてはいけません。

そして体圧分散がうまく出来るタイプの素材なら、加えて寝返りを打った時にも横向けでも肩や骨盤部分に体重が集中しすぎない、と言うメリットも有るのです。

横向き寝もまた、背骨の歪みの大小が、後の腰痛にも関わってきます。

腰痛で寝返りが打てない場合も

しかしその寝返り自体が、腰痛によって打てない場合もあります。

特にヘルニアとか脊柱管狭窄症の場合、またぎっくり腰などの場合、寝返りしようと身動きするだけで痛むことがあります。

その痛みで目が覚めて睡眠の継続ができなくなることもありますね、また身体が、動いたら痛いから動かないでおこうと、勝手に寝返り拒否することもあります。

加えて、加齢による劣化などので腰痛の場合、筋肉も弱っているので寝返りをうつ回数が減ることもあるのです。

これが原因で腰痛になる人もいるんです。

こうした、寝返りを打ちたいけど打てない、と言う人にも体圧分散できるタイプの素材のマットレスは、大変に役立ってくれます。

仰向けばかりで寝ていて腰が痛い、などということが少なく済むのですね。

まとめ

マットレス選びの時に、寝てみて気持ちのいい感じのものを選ぶ、これは普通のことです。

でもそれに加えて、体圧分散機能に優れたマットレス素材のものを選ぶことが、腰痛緩和や予防に役立ってくれます。

特に予防は、早すぎるということはありません。

ぜひ今度のマットレスは、体圧分散機能に優れたものを選んでいって下さい。